ソルティエラの佐々木です。
最近、脂肪吸引後のケアでダウンタイムについて
多くの問い合わせを頂くので、内容をまとめさせて頂きました。

<ダウンタイムとは>
脂肪吸引は直接体内から脂肪を吸い出す施術になりますので、
一時的とはいえ、ある程度身体にダメージが生じます。
脂肪吸引直後から1週間位までは腫れや内出血、痛みなどがあり、
その後はむくみやたるみなどと戦っていくことになります。

ダウンタイムとは、脂肪吸引をしてから回復するまでの期間のことを言います。
この期間では、麻酔による腫れや手術に伴う腫れ、むくみ、アザなどができやすく、
回復期間には違いがあります。

※ダウンタイムには「痛み」「腫れ・むくみ」「内出血」「拘縮」「しびれや感覚麻痺」の症状がでます。

<ダウンタイムの目安>
ダウンタイムの目安は3週間~1ヶ月程度と言われています。
内出血や腫れがおさまり、つっぱった感じや違和感は残りますが、
普段と同じような生活が送れるようになります。

脂肪吸引がすべて完成するには6ヶ月ほどの期間が必要と言われていて
術後1ヶ月では60%、2~3ヶ月で80%の仕上がりというイメージです。
(これには個人差があります)

<抜糸後>
この頃になると、体を動かすときに筋肉痛のような痛みがありますが、
頑張れば動けるほどに回復しています。
日によって腫れたりおさまったりを繰り返しますが、徐々に良くなっていきます。

青あざの色もどんどん薄まり、消えていきます。
重力によって、吸引箇所よりも下に青あざができる場合もあります。
この頃から、脂肪吸引した場所につっぱり感を感じるようになってきます。

※ダウンタイムを短くするためには、「アフターケアを適切に行う」ことが重要です

※脂肪吸引する場合は必ずダウンタイムが必要になります
 よく理解してダウンタイムに臨むことで、術後の回復を早めたり、拘縮を防ぐことができます

※個人差もありますが、抜糸当日から3日以内にインディバによるケアを始められる方が多いです

インディバは血流を良くすることで、破壊された細胞にアプローチして深部加温が出来るので
内出血・拘縮・浮腫みに効果が期待できます。

脂肪吸引後のアフターケアでお悩みの方は一度ソルティエラに
ご相談ください。

ソルティエラ – Sol Tierra –
0466-47-6254
http://sol-tierra.com